着実に近づいている自動走行時代
HOME >> 保険小町コラム >> こんな時どうする? >> 着実に近づいている自動走行時代

保険小町コラム

着実に近づいている自動走行時代

現在急速に進化している自動車業界ですが、特に、人間ではなくシステムが運転してくれる
自動運転車は人間の運転ミスで起こる事故を防ぐだけでなく、車の運転が困難な高齢者や
障害者をサポートする技術としても注目を集めています。

自動車事故の約9割は人為的なミスによるものとされ、そうした人間のミスを将来的には
事故ゼロ、渋滞ゼロの実現に向けて自動運転技術は進化しています。

官民による自動走行に向けたロードマップでは2020年代後半にはドライバーが運転に関与しない
完全自動走行の試用開始を掲げており、東京オリンピックでは一部の公共交通システムで
準自動走行車両の導入を図る計画とのこと。

日本自動車工業会でも2030年代ごろを自動運転の普及拡大・展開期、2050年ごろからは
定着・熟成期としており、自動運転技術が社会に浸透していくこと示唆しています。

こうなってくると気になるのは、万一の事故の場合、賠償責任を負うのは
ドライバーなのかメーカーなのかという問題です。

また、プログラムの不具合によるスピード違反や交通違反をしてしまった
場合の責任の所在も気になります。

自動運転車の実用化には技術的な課題だけでなく、法律や自動車保険の仕組みなどを
どう整備するかという問題があり、急ピッチで進行しています。

国内の自動車保険業界では自動運転車を対象とした保険を開発するための専門部署が
立ち上がったとの報道がありました。

今後は、自動運転車が普及すれば、事故率が低くなり自動運転車を対象とした
保険商品が登場するかもしれませんね。

保険小町では自動運転者向けの自動車保険の動向に動きがありましたら
随時ニュースを配信していきます。

  • その他の保険小町コラム
  • こんな時どうする?
  • 保険選びのポイント
  • 保険の落とし穴
資料請求各保険会社の中からご希望の条件に合った資料をお送りいたします!
tel 0120-911-772
メールでの資料請求

▲ページのトップに戻る

保険の事ならお任せ!保険小町の無料相談
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ後のしつこい勧誘はいたしません。もしあった場合は、保険小町の相談窓口へお気軽にご連絡ください。

保険セミナーのご案内
お客さんの声
保険小町会員急増中♪

保険小町保険特集

  • 女性保険特集
  • ネットの保険特集
  • 学資保険特集
  • 地震保険特集
小町の広場 生命保険の加入経路は? 広場に参加する 参加せずに結果を見る
初心者の方も安心!保険力向上委員会
保険小町パートナーFP募集中あなたの保険キャリアを当社で活かしてください!
保険小町保険加盟店の募集案内 保険小町に加盟をご希望の方はこちらをご覧ください。