知らない人が多い。新生命保険料控除制度と控除対象となる保険は???
HOME >> 保険小町コラム >> 保険を学ぶ >> 知らない人が多い。新生命保険料控除制度と控除対象となる保険は???

保険小町コラム

知らない人が多い。新生命保険料控除制度と控除対象となる保険は???

払い込んだ生命保険料に応じて、一定の金額が契約者(保険料負担者)のその年の所得から
差し引かれる「生命保険料控除」という制度があります。
税率を掛ける前の所得が低くなることにより所得税、住民税の負担が軽減されます

この生命保険料控除制度が平成23年に改正されました。
平成23年12月31日以前に契約した保険は今までの制度(以下、旧制度)がそのまま継続され、
今後新たに契約する生命保険(平成24年1月1日以降に新契約または所定の変更[更新や見直し、所定の特約中途付加])をした場合はその時点から新制度の対象(実際の控除は平成25年度の住民税から)となります。

同じ保険料を払っていても、加入内容により旧制度、新制度で控除額が異なります。
ここでは簡単に説明すると下記のようになります。

旧制度は・・・。
1 一般生命保険料控除 (生存または死亡に基因して一定額の保険金、その他給付金を支払うことを約する部分に係る保険料 )

2 個人年金保険料控除( 個人年金保険料税制適格特約の付加された個人年金保険契約等に係る保険料)
のみが控除対象でした。

新制度は上記の二つに加えて
3 介護医療保険料控除 (入院・通院等にともなう給付部分に係る保険料)が新設されました。

また改正前に既に加入していた介護・医療保険に関しては所定の変更をした場合を除いては旧制度が適用されます。

詳しい「生命保険料控除新制度」についてはこちら(公益社団法人 生命保険文化センターHP)
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q16.html

事例抜粋
旧制度で「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」それぞれ所得税で50,000円の控除を受けていました。新制度の対象になる平成24年1月に新たに医療保険を契約しました(年間払込保険料は80,000円超)。


平成24年以後の保険料控除額は次のとおりです。
(1)従来どおり「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の控除額は、それぞれ所得税で50,000円、住民税で35,000円です(旧制度の対象)。
(2)平成24年に契約した医療保険は「介護医療保険料控除」の対象となり、控除額は所得税で40,000円、住民税で28,000円です(新制度の対象)。
(3)最後に3つの保険料控除を合計します。

上記の合計額は140,000円ですが、3つの保険料控除を合わせた適用限度額は、所得税の場合120,000円です。
⇒ 所得税の控除額は120,000円です。

上記の合計額は98,000円ですが、3つの保険料控除を合わせた適用限度額は、住民税の場合70,000円です。
⇒ 住民税の控除額は70,000円です。

平成24年以後の所得の控除額は所得税で120,000円、住民税で70,000円です。

AHA1506-086

  • その他の保険小町コラム
  • こんな時どうする?
  • 保険選びのポイント
  • 保険の落とし穴
資料請求各保険会社の中からご希望の条件に合った資料をお送りいたします!
tel 0120-911-772
メールでの資料請求

▲ページのトップに戻る

保険の事ならお任せ!保険小町の無料相談
メールでのお問い合わせ

お問い合わせ後のしつこい勧誘はいたしません。もしあった場合は、保険小町の相談窓口へお気軽にご連絡ください。

保険セミナーのご案内
お客さんの声
保険小町会員急増中♪

保険小町保険特集

  • 女性保険特集
  • ネットの保険特集
  • 学資保険特集
  • 地震保険特集
小町の広場 生命保険の加入経路は? 広場に参加する 参加せずに結果を見る
初心者の方も安心!保険力向上委員会
保険小町パートナーFP募集中あなたの保険キャリアを当社で活かしてください!
保険小町保険加盟店の募集案内 保険小町に加盟をご希望の方はこちらをご覧ください。